アクセスカウンタ

電網渉猟録BU版

プロフィール

ブログ名
電網渉猟録BU版
ブログ紹介
2009年02.08に大崩壊したDoblog版(現ライブドア版)の瓦礫の山から再出発。BU版と銘打てどもサルベージ率は低し。どんどん別のものになっていく予感。

ブラウザのブックマーク軽量化を目的としたタダの自分用メモ、しかしいつの間にか猟食ネタが大繁殖 。特にコメントは期待してませんが、来るものは拒まず。訂正やたれ込みはありがたく頂戴したく思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ウィーン・オーストリア
Wien ■Wien Die offizielle Website des WienTourismus http://info.wien.at/article.asp?IDArticle=9010 Vienna Webservice http://www.wien.gv.at/english/tourism/index.htm Wiener Bezirksmuseen http://www.bezirksmuseum.at/portal/page.asp/index.htm ウィ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2012/10/22 15:25
クロアチア
クロアチア政府観光局 http://croatia.hr/ja-JP/Homepage http://croatia.hr/en-GB/Homepage クロアチア(ザグレブ)生活情報 http://livingincroatia.web.fc2.com/ クロアチアへ行こう! http://croatia.jp/ クロアチア・ガイド http://stw-croatia.com/ CROATIA ☆ DREAMS http://52croatia.wordpress.com... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 18

2011/12/06 19:07
タヒチ
タヒチ観光局 http://www.tahiti-tourisme.jp/ Official Website of Tahiti Tourism http://www.tahiti-tourisme.com/ http://tahitinow.com.au/ http://www.tahiti-tourisme.pf/ パペーテ市 http://www.ville-papeete.pf/rubriques.php?listing=actualites http://www.vil... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/04 15:45
星州再訪:ダルガーで軽食を
星州再訪:ダルガーで軽食を 先日のポストにちょっとだけ補足すると、インドから来たムスリムと地元のマレー人女性との結婚から生まれた混血集団ジャウィ・プラナカンは、19世紀には一定のエリート階層を形成して特にジャーナリズムなどの世界で先駆的な位置を占めていたというが、 シンガポール国立図書館によるこちらの記事によれば、その後コミュニティーとしてのアイデンティティは薄れる傾向にあるという。特にマレーシアのジャウィ・プラナカンの成員は、自らをマレー人として申告するケースが多いとも。おそらくこれには同国のブミプトラ政策が影を落として... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/19 15:29
星州再訪:インディアン・プラナカンという発見
星州再訪:インディアン・プラナカンという発見 ええと、発見といってももちろんこれはオイラにとってのということ、念のため。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/16 22:29
星州再訪:マカンスートラは面白い
星州再訪:マカンスートラは面白い 今回の滞在は4泊5日だったのだけれど、実質的には丸3日。つまり普通のペースだと9回しか食事するチャンスが無いことになる。たーったの9回、こんなんでグルメとショッピングの旅と言えるのか! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/14 22:37
星州再訪:黒山のインド人
星州再訪:黒山のインド人 8月の最後の3日間にちょいと行ってきたシンガポールのグルメとショッピングの旅の覚書き。2005年に行って以来だから6年ぶり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/13 21:00
オスロ
オスロ http://www.visitoslo.com/en/map.49113.en.html http://www.cappelendamm.no/main/katalog.aspx?f=23 http://www.nsb.no/getfile.php/www.nsb.no/nsb.no/Bilder/Rutetabeller/Lokaltogkart%20A4.pdf http://www.trikken.no/OpplastedeBilder/DivBilde/Linjekar... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/20 21:30
旅行実用
航空券 Yahoo!トラベル 海外航空券予約 http://abroad.air.travel.yahoo.co.jp/ 楽天トラベル海外航空券予約 http://travel.rakuten.co.jp/air/ AB Road航空券 http://www.ab-road.net/air/ 空丸 http://www.soramaru.jp/ticket/アジア/インド HIS http://e.his-j.com/shop/air/country.aspx?count... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/08 00:54
シカゴ
http://www.explorechicago.org/city/en.html http://www.explorechicago.org/city/en/travel_tools/guides___maps.html http://www.cityofchicago.org/city/en.html http://www.dreamtown.com/maps/chicago-neighborhood-map.htm http://chicagolife.uchicago.edu/... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/04/01 19:08
アンダルシア
Renfe公式 http://www.renfe.com/EN/viajeros/index.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/13 16:46
7回目のコーチン
7回目のコーチン MGロードの宝飾店にて。カヴィヤ・マーダヴァンさんのミステリアスな微笑みに圧倒される。この時期、泥沼の離婚劇の最中だった(現在もまだ裁判中)はずだが、カヴィヤさんの広告バリューには一切翳りがないようなのだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/28 03:30
天使も踏むを恐れるところ
天使も踏むを恐れるところ お莫迦なオイラはズカズカ侵入。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/27 02:35
遠足の後のアーンドラ・ミールス
遠足の後のアーンドラ・ミールス 9月4日、ヴィジャヤワーダ滞在最終日。本当は市内でゆっくり買い物して映画見物をしたいと思っていたのだ。しかしホテルのフロントに尋ねると、本日も引き続きバンド状態が続くだろうとのこと。そして映画館も例外ではないだろうと、気の毒そうに言われたのだ。さてどうしよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/26 13:25
インドラキーラードリのシャクティ
インドラキーラードリのシャクティ 天の橋立ではない。ヴィジャヤワーダ最大のランドマーク、プラカーシャム堰(Prakasham barrage)。クリシュナー川に架かる全長1200メートル余りの石造堰で、原型は1855年に完成したが、現在のものは1957年に作り直された。豊かなこの地方の盛んな農業を支える巨大灌漑施設であると同時に、人・車のための橋としての機能ももっており、渡った先はグントゥール郡となる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/24 21:00
服喪の日
服喪の日 9月3日、ヴィジャヤワーダ滞在二日目。午前11時過ぎの大通りMGロードは凄いことになっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/20 00:19
勝ちて帰れ、ヴィジャヤワーダ
勝ちて帰れ、ヴィジャヤワーダ 今日の名前ヴィジャヤワーダは勝利の街という意味だが、英領時代は Bezawada と呼ばれていた。もっと古くにはオリヤー語の名前を持っていたという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/18 23:48
南へと向かう列車で
南へと向かう列車で 9月1日、カルカッタともお別れ。朝から結構動き回ったが昼前に余裕でチェックアウト、ホテルに車の手配を頼んだりもしなかった、タクシーは幾らでもつかまるのが分かってたから。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/17 18:09
コルカタ巴洛と一瞬のダルシャン
コルカタ巴洛と一瞬のダルシャン 国土地理院は空振りだったが、もうちょっと目的を持って歩いてみようという気にはなった。なので、地下鉄に乗ってカルカッタきっての名刹カーリーガート寺院へ。一番の観光ハイライトだってのに記憶にある限りでは24年前にもここには来ていない。名所巡りとしては何とも効率の悪いことだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/16 20:54
印度国土地理院&郵便局
印度国土地理院&郵便局 旨い飯にありついて少し元気になった翌8月31日、前日に購った歴史散歩ガイドブックをパラパラとめくっていたら、印度国土地理院コルカタ分院が宿から程遠くないところにある(そしてそこには地形図の販売窓口がある)ことが分ったので行ってみることにした。地形図なんて買ったってどうせ内容は30年前のものだろうし、街歩きの役に立つはずもないのだが、なんか意地になってたんだね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/15 18:03
KL
KL市 http://www.dbkl.gov.my/?lang=en&cPage=blue&main= Historical Building http://www.dbkl.gov.my/_custservice/guidelines/warisan/BANGUNAN%20BANGUNAN%20BERSEJARAH%20DI%20KUALA%20LUMPUR.pdf KL Tourism http://www.visitkl.gov.my/home.html Tourism Ma... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/05 23:31
イギリス
イギリス地方自治体 http://blog.livedoor.jp/periplo/archives/361054.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/18 16:01
プーケット/サムイ
プーケットウォーク http://www.thaiwave.com/phuketwalk/index.htm プーケットナビ http://phuket.navi.com/ Phuket Guide http://www.phuket-guide.net/phuket_map/patong.htm Tourism Thailand http://www.tourismthailand.org/map/phuket-83-1.html Thaiway http://www.tha... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/19 19:06
目に排ガス 夜市爆発 初ヒルサ
目に排ガス 夜市爆発 初ヒルサ カルカッタの書店で買って、その後の旅行中ずっと読んでいた鐵道小説 The Strike (by Anand Mahadevan) 。読後感はそれほどスカッとしたものではなかったが、自分がヴィジャヤワーダに着くと小説の舞台も同じ場所になってたりして、なんだか気味が悪いくらいだった。1980年代、マハーラーシュトラ州ナーシクで育った12歳のタミル・ブラーミン、鉄道好きのハリが主人公。環境ゆえにタミル語よりはヒンディー語を、タミル映画よりもボリウッド映画を近しいものと感じる少年が、祖父母のい... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/15 16:38
そろそろベンガル映画でしょ2
そろそろベンガル映画でしょ2 各種のくどくど断り書きは前回のエントリーを参照。こんなメモでも書いておけば、いつか他人の役に立つ日が来るかもしれない(し、来ないかもしれない)。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/13 01:59
そろそろベンガル映画でしょ1
そろそろベンガル映画でしょ1 ↑のタイトルは8割がた吹かし。サウスを捨てるわけにはいかないし、体はひとつ、悩ましい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/08 04:17
屑鐵という名の電車
屑鐵という名の電車 走る奇跡、カルカッタ・トラムの巻。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/03 13:00
お前ら何が怖いんだ?
お前ら何が怖いんだ? カルカッタ地鐵の巻。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/02 19:14
乗り物天国カルカッタ
乗り物天国カルカッタ 写真はカレッジ・ストリートをゆく人力車 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/31 03:55
素敵な向日葵招待所
素敵な向日葵招待所 仄暗く、天井の高い、典型的なカルカッタのクラシック集合住宅。レトロな昇降機にはもちろんエレベーター・ボーイ(というか深海魚みたいな顔したオッちゃんだが)が常駐している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/29 02:32
天気晴朗なれどノリ悪し
天気晴朗なれどノリ悪し このエントリーはしょーもないボヤキ節ばっか、せめて花のある絵を載せよう。イメージは全て1985年2月のカルカッタのもの。ハウラー橋のたもとの花市で撮影、宵にはシヴァラートリの大祭をひかえて大賑わいだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/28 01:01
思いつきの加爾各答
思いつきの加爾各答 1985年に続き2回目。24年前、根性無しのバックパッカーもどきとしての初印度旅行で起点となった街。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/26 00:28
0909印度場当たり旅行
0909印度場当たり旅行 2009年8月28日から9月11日までの旅行の覚書。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/24 01:23
Durontoという選択肢
Durontoという選択肢 バネルジー鉄道相の就任以降最大の打ち上げ花火、duronto。デュロント、ドゥロント、ダラント、どう読むのだ、誰か教えて。原語はベンガル語のদুরন্ত。 デリー、ムンバイとその他の中核都市とを結ぶノンストップ超特急。ただし新幹線のように別規格の新線を建設するのではなく、従来路線・従来車両を運用してのものらしい。客車のみ新デザインが導入され、アートワークが話題となっている。 従来路線走行のため、画期的なスピー... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/10/16 02:01
Coffee @ MG Road
Coffee @ MG Road パンツ姿の娘さんを見るのはバンガロール以来だ。オートのおっちゃんのドーティもいい感じだね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/27 13:07
山國から都留國へ、そして椰子國へ
山國から都留國へ、そして椰子國へ 9月17日、4泊もしたコラヴァラ・ヘリテージともお別れ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/26 00:41
クヴェンプの丘
クヴェンプの丘 1930年代、独立闘争期のインド。マイソール大学で学ぶフーヴァッヤはガンジー主義を信奉する進歩的なインテリ青年だった。気楽な休暇を楽しむために、やはり大学生の従弟と共に故郷のカヌール(ティールタハッリ近郊という設定)に帰省する。ところが一族の長である叔父のチャンドラッヤ・ガウダとその周りの人々の骨肉の争いに巻き込まれ、学業を中断し分家した所帯で農業に従事することを余儀なくされてしまう。失意の中のある日、彼は路傍で自転車に乗った見知らぬ男と邂逅し、短い会話を交わす。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/24 22:55
Malenadu Heritage
Malenadu Heritage マレナードの旅行実用情報がないってのは宿に関しても甚だしかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/22 22:50
そしてバスは行く
そしてバスは行く より大きな地図で Malenadu を表示 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/21 23:17
コルール・ムーカンビカ寺院2
コルール・ムーカンビカ寺院2 翌9月13日は朝から参拝して、昨晩はご馳走様でした、と御礼。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/18 00:58
コルール・ムーカンビカ寺院1
コルール・ムーカンビカ寺院1 霊験もあらたかなムーカンビカ寺院、ダルシャンのために構内の回廊で行列する人々。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/16 05:18
冗談の滝
冗談の滝 より大きな地図で Jog Falls を表示 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/14 01:31
憧れのファーストクラス♪
憧れのファーストクラス♪ 9月10日の夜11時半過ぎ。バンガロール・シティ(SBC)駅の9番ホームはIT先進都市の中央駅とは思えない薄暗さで、なおかつごった返していた。ここからマレナードのゲートウェイ・タウンのひとつ、シモガ(Shimoga, Shivamoga)まで6時間ちょっとの列車旅。ほどなくして 6227 Shimoga Express がしづしづと入線してくる、待ってました! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/12 02:54
班加羅爾東奔西走
班加羅爾東奔西走 今回の旅はいつにも増してバタバタな始まりだった。何でだか、いつもと違うことをしようとしたのだな。それは、最大催行人員4名の団体旅行で、ムンバイから入ってコンカン鉄道でひたすら南に下る、名づけて「根幹鐵道駄洒落地獄」という企画だった。ところが前世の行いが悪かったのか(←便利な言い訳)、出発の5日前にパーティは瓦解、一人旅になってしまった。そうなると、独りで魔都ムンバイに立ち向かう勇気がどうやっても搾り出せず。燃油代最高値の時節にただでさえ高額だった航空運賃にさらに追加料金を払って行き先をバ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/11 03:06
バンガロール空港 HAL/BIAL
バンガロール空港 HAL/BIAL 長らく中断していた2008年の旅の記録を再開。前回のエントリはこちら。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/10 05:04
フランス
http://blog.livedoor.jp/periplo/archives/360808.html ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/23 20:28
オンライン辞書ほか
各国語の「第一」 http://ja.wiktionary.org/wiki/第一 アクセント付き文字の変換表 http://cosmoshouse.com/tools/acc-conv-j.htm ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/09 18:03
誠に遺憾なニュース
誠に遺憾なニュース 長らく進展がなかったハイダラバード・メトロ・プロジェクトを州政府が正式に断念。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/08 00:41
ドイツ
http://blog.livedoor.jp/periplo/archives/360725.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/01 16:55
ドイツ地方自治体
http://blog.livedoor.jp/periplo/archives/361055.html ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/01 16:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

電網渉猟録BU版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる